「野菜青汁」は、野菜不足、野菜嫌いな人にピッタリ!

投稿者: | 2019年9月27日

◆「野菜青汁」は、野菜15品目を配合。1日2杯で野菜350グラムが摂れます

野菜には体の調子を整える働きを持つビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
したがって、野菜が不足すると身体のバランスが壊れてしまいます。

多くの人が意識して野菜をたくさん食べるようにしていらっしゃるはずです。
しかし、野菜サラダを多目に食べたくらいでは絶対的に量や種類が不足しています。

一口に野菜と言っても、その種類は実に豊富です。
●葉野菜・・・小松菜、キャベツ、ホウレン草、セロリ等々
●根野菜・・・ニンジン、レンコン、大根、ごぼうん等々
●実野菜・・・かぼちゃ、とうもろこし、にがうり等々

専門家は、1日15種類、350グラム、しかも色とりどりの野菜をバランスよく選ぶことを推奨しています。

普段の食生活でこれだけの種類や量の野菜を摂ることはほとんど不可能です。

野菜青汁」は、1日2包で15品目、350グラムの野菜を摂ることができるように考えられています。

野菜青汁

 

◆「野菜青汁」には、豆、ゴマ、海藻類、魚介類、しいたけ、いも類など和の食材15品目も

昔から和食について語られるときに必ず出てくるのが、「ま・ご・わ・や・さ・し・い」という言葉。

この「まごわやさしい」は、和の食材の頭文字をとったものです。

●「ま」・・・豆。(納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆・油揚げ・高野豆腐など)
●「ご」・・・ごま。(アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など)
●「わ」・・・わかめ。(ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど)
●「や」・・・野菜。(ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど)
●「さ」・・・魚。(青魚や鮭など)
●「し」・・・しいたけ。(まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギなど)
●「い」・・・いも。(じゃがいも・さつまいも・里芋・カボチャなど)

野菜青汁」には、これら和の食材15品目も含まれています。

野菜青汁

 

◆「野菜青汁」のこだわり

●皮や種まで丸ごと粉砕しています。
●原材料はすべて国産で、一番いい時期に期間限定収穫されたものです。
●黒糖、米粉、抹茶、きなこで味が調えられており、スッキリした飲み心地です。
●少ない水でもさっと溶けます。

野菜青汁」は、まさに青汁と呼ぶのがもったいない食品なのです。

野菜青汁

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA